ネット副業でお勧めのインターネット環境|光回線とプロバイダ

ネット副業での最適なインターネット接続環境

インターネット光回線接続とプロバイダ

消えていくADSL回線、ISDN回線

ダイヤルアップ回線→[ISDN→ADSL]光回線

 

その昔インターネットの接続の原型で、ダイヤルアップという接続方式がありました。この方式はネットに接続する事が、イコール電話をかけているのと同じ扱いです。

 

つまりネット接続時間に応じた料金が通話料として発生していたのです。

 

インターネットはサーバー上のファイルをダウンロードして閲覧する方式なので、当時は電話料金を節約するために一旦サイトを閲覧できる状態であるオンラインで接続し、そしてサイトにつながった後は回線を切ってオフラインでネットを見るという事は普通でした。

 

そしてダイヤルアップにかわりISDNというデジタル通信が普及するのですが、それまでの間、ISDNは公衆電話ぐらいでしかお目にかかれない崇高!なものだったのです。

 

当時はISDNでもダイヤルアップと同様に通話料が発生していたので、電話料金の代わりに、NTTに対して規定の料金を支払う仕組みになっていました。

 

そして次に通信システムとして普及したのがADSLです。

 

根本的にADSLが[ダイヤルアップ接続、ISDN]と異なる点があります。それはADSLがアクセスポイントに電話をかけてインターネットに接続する方式ではないという事です。

 

ADSL以降、このような従来の従量課金制の通話料という方法から、プロバイダ(インターネット接続業者)に毎月の月額料金を支払うというシステムに変ったのです。

 

ISDNADSLは共にデジタル通信ですが、これら2っの通信方法もダイヤルアップと同じく、電話回線経由でインターネットに接続しているのです。究極の例え話なのですが、通信線である電話回線の銅線の断面の一部分にデジタルを通していると考えてください。

 

なのでISDN、ADSLはアナログ回線を利用しているが、通信方法がデジタルなので、回線契約はデジタルになるわけです。そして第四世代とも言える光回線へ移行していきます。

 

接続方式 通信方式 料金システム 通信速度(相対比)

ダイヤルアップ

アナログ

通話料課金制

遅い

ISDN

デジタル

通話料課金制

普通

ADSL

デジタル

プロバイダ接続料

早い

 

解りにくい光回線について整理してみた

光回線でインターネットの接続を契約する場合に、その契約の概要がユーザーにとって大変解りにくくなっています。そこで料金やサービスで得するために光回線を整理してみます。

 

2003年に「auひかり」で光回線の接続サービスが開始されて以来その契約数は爆発的に延び、インターネット接続にADSLやISDNを利用している個人はほとんど存在しません。

 

これは、携帯電話が普及した事により固定電話は利用者が激減して、家庭用のアナログ電話回線自体の需要が加速度を増して無くなくなってきたからす。従来のアナログ電話が使えなくなる日もそう遠くないでしょう。FAXという言葉も死語になるはずです。

 

光ファイバーを使用する光回線は、ADSLと比較した場合、その通信速度は路面電車とリニアモーターカー並みの違いだと言えます。光回線は基地局との距離の影響やノイズなどによる信号の減衰が少ないので、上り下りに関係なく安定した通信速度を確保できます。

 

ADSL

光回線

回線

電話回線

専用光ファイバー

通信速度

100M〜1Gbps

1M〜50Mbps

使えるエリア

基地局からの距離制限

(実質2.5Km以内)

 

光回線が敷設済の地域

通信の安定性

ノイズに左右される

ノイズに左右されない

 

光回線でインターネットに接続するためには、光回線を使う契約(回線契約)と接続する契約(プロバイダ契約)が必要です。またこの2っがセットになっているサービスがある事や携帯電話の契約を考慮し、料金が安く快適に使えるサービスを見極める必要があります。

 

利用環境(戸建て、集合住宅)も光回線の選択の重要な要素になりますが、そもそも光回線が引き込みできない地域もあり、この場合はWiMAXなどWiFiを利用する事になります。

 

光回線・プロバイダの概要図

光回線の接続

 

※ CATVでも光ハイブリットと呼ばれる光回線があります。これは光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた通信回線であり、プロバイダ、インターネット回線、TV視聴、電話が一体となったサービスです。(上図では光回線として扱っていません。)

 

光回線の接続

光回線はCATVを除いて上図のように4種類あります。このうちNURO光電力会社系光は後述します。

 

ここではNTT光回線[フレッツ光]KDDI光回線[auひかり]だけを考え、光回線とプロバイダ契約の関係と光コラボレーションについてまとめます。

 

フレッツ光のNTT回線(東日本・西日本)の営業方針は、個人のユーザーが利用する回線に対してではなく、事実上プロバイダに対して、その権利を売却する方向で進んでいます。

 

その結果他社であるプロバイダがフレッツ光の回線と自社の接続業務セットにして個人に売り出す事が出来るようになりました。これが光コラボレーションです。

 

光コラボレーション

 

光コラボレーションを扱うプロバイダ

光コラボレーションでは各プロバイダーが競ってサービスを充実させ、顧客獲得を狙っている中、NTTフレッツ光回線は個人向けのキャンペーンなどはほとんど実施されていません。事実上NTT回線は光コラボレーションで運営される方向で進んでいるという事です。

 

NTT回線+プロバイダ=光コラボ

 

光コラボサービス会社一覧

ドコモ光 ソフトバンク光
OCN光 so-net光
@nifty光 ビッグローブ光

 

ドコモ光について
「NTTドコモ光」「NTT西日本、東日本」は同じNTTという言葉が付きますが別会社です。そのため現在NTTドコモ光はNTT回線借りてサービスを提供しています。

 

実はドコモ光のNTT光回線サービスが可能になった背景には、「光コラボレーション」という光回線提供システムを、総務省が認めたからという事実があります。

 

もともとNTTドコモはNTT光回線を利用してサービスを提供する事は通信事業法の規制によりできなかったのです。これはNTTが通信業界を独占することになってしまうからです。

 

しかし、総務省が「NTT西日本、東日本」のNTT回線を他の会社が使うという「光コラボ」認可した事により、NTTドコモがNTT回線を使う事による通信事業の独占性がなくなり、ようやくドコモ光はNTT回線を使ったサービスを提供できるようになったという事です。

 

NTT docomoは携帯電話市場での劣勢を回復するため、auひかりのスマートバリューなどのサービスに対抗するため、ドコモ光として光回線市場に参入する必要があったのです。

 

「auひかり」はauのスマホを利用しているユーザーに携帯電話の通話利用料金が安くなるスマートバリューというサービスにより、光回線契約とスマホへの乗り換えの契約数を激増させました。それに対抗するサービスがドコモ光であるという事です。

 

ドコモ光への申し込みはNTT docomoの携帯電話を契約している事が条件となります。

 

また、ドコモ光はNTT回線を利用しているので、現在フレッツ光(NTT回線)を利用している場合は新規契約の手続きをする事なくドコモ光に乗り換えする事ができます。

 

この場合、ドコモ光への申し込みでフレッツ光の解約手続で料金が発生する事がなく、また新規工事が不要であり、固定電話の番号がそのまま使えるというメリットがあります。

 

光回線を契約する場合は、このように現在利用している携帯電話によっても割引サービスがそれぞれ異なる事から、料金の比較材料として検討する必要があります。

 

NTTドコモ光 NTT docomoの携帯電話利用者のみ回線利用可
ソフトバンク光 ソフトバンクのスマートフォン
KDDI auひかり auスマートホン・・・ auスマートバリュー

 

[KDDI auひかり]をつなぐプロバイダ

KDDI auひかり

もう一つのKDDI auひかりの光回線は話が複雑になるのですが、「電力会社系光回線KDDIの回線」を利用しています。そしてインターネットに接続するためのプロバイダーが下記のように複数参入しサービスを競争しています。光コラボとは違い「auひかり」では通常通りプロバイダーとの契約が必要になります。

 

電力会社系光回線またはKDDI回線+プロバイダ

 

プロバイダ一覧

au one net @nifty(ニフティ) @Tcom(アットティーコム)
ASAHIネット(アサヒネット) BIGLOOBE(ビッグローブ)
DTI(ディーティーアイ) so-net(ソネット)

 

NURO光はso-net

NURO光

現在エリアを拡大中の超高速光回線が存在します。プロバイダーの[So-net]が運営するNURO光です。

 

もちろん接続会社であるプロバイダはNURO光の場合so-netに限定されます。現在での提供地域は限られていますので下記表を参照して下さい。

 

ここまでの光回線の種類を電力会社系を除いてまとめます

回線 プロバイダ

光コラボ

光コラボでまとめて契約する

 

ドコモ光・ソフトバンク光・OCN光

so-net光・@nifty光・ビッグローブ光

 

au光回線

au光回線+プロバイダで契約

 

電力系光回線・NTT回線
(地域によって異なる)

au one net・@nifty
so-net・@Tcom
BIGLOOBE・DTI
ASAHIネット

ニューロ光回線

ニューロ光回線+So-netで契約

(一部地域を除く)

東京,神奈川,埼玉,千葉
茨城,栃木,群馬,愛知
静岡,岐阜,三重,大阪
兵庫,京都,滋賀,奈良

 

 

So-net

 

電力会社が提供している光回線サービス

NURO光電力会社系の光回線は全国で5社が運営しています。それぞれの地域で電力を供給している範囲で、回線網のエリアを独自に展開している事から地域に密着したサービスと言えます。電力会社系光回線の特徴としては、プロバイダが自社で運営されていている事から、回線とセットで契約するという事です。

 

このためサポートの対象が一箇所であり品質も安定していて、また月々の支払いも一箇所でシンプルになります。※ コミュファ光は他社のプロバイダを選択可。

 

eo光

 

関西電力系

[eo光]

大阪府、京都府

兵庫県、奈良県

滋賀県、福井県

和歌山県

 

 

ケイオプティコム

 

Pikara

 

四国電力系

[Pikara]

(ピカラ)

 

香川県、愛媛県

徳島県、高知県

 

STNet

コミュファ光

中部電力系

コミュファ光

愛知県、静岡県

岐阜県、三重県

 

中部テレコミュニケーション[ctc]

EGG

中国電力系

EGG

(メガエッグ)

広島県、岡山県

山口県、島根県

鳥取県

 

エネコム

BBIQ
 

九州電力系

BBIQ

(ビビック)

福岡県、佐賀県

長崎県、熊本県

大分県、宮崎県

鹿児島県

 

 

QTNet

 

「電力会社系の光回線」「フレッツ(NTT)回線、auひかりの光回線」を料金、サービス面、サポート体制で比較した場合、ほとんど差はありません。なので自宅に光回線が引き込み可能なすべての会社を比較対象にして検討した方がよいです。

 

なので光回線の接続の会社選びは、まずネットを利用する場所環境で接続可能であるか?また、料金、キャンペーン、手持ちの携帯電話のメーカーなどを考慮する事になります。

 

光回線の種類のまとめ

光回線の接続を大きくまとめると次の4種類のうちどれかで契約する事になります。

  • 光コラボ・・・・・・プロバイダ選択型1社一体型契約
  • KDDI auひかり・・・プロバイダ分離型契約
  • NORO光・・・・・・・プロバイダSo-net限定契約
  • 電力会社系の光回線・・・完全1社一体型契約

 

光回線の種類

ネット副業でCATV回線は使うな!

CATV回線CATV(ケーブルテレビ回線)は地上デジタル、BSやCSといったTVの視聴プロバイダ、インターネット回線、電話、をまとめて提供しています。このため料金の支払いが完全に1箇所にまとまります。また一つの会社がサービスを提供しているので対応にも定評があります。

 

ケーブルテレビの最大手のJ-COMはご存知だとは思います。
(プロバイダはJ-COMに限定される)

 

しかしケーブル回線は光ファイバーではなく、同軸ケーブルと呼ばれる銅線が利用されています。同軸ケーブルの通信速度は電話回線より早いのですが、光ファイバーには劣ります。

 

仮にCATVのインターネットの「上り通信速度」「人が歩く早さ」だと例えると、光回線での通信速度はリニアモーターカーのスピードになります。

 

ネット副業で稼げるようになると、いろいろなビジネスチャンスに巡り合えます。CATVの回線では、あきらかにそれらのビジネスに障害が起こる事が予想されます。

 

私はユーチューブに動画をアップしていますが、CATV回線では遅すぎて仕事になりません。

 

ネット副業ではどのようなカテゴリーでも大容量ファイル画像データをやり取りをする場面が結構多く見られます。この時、ダウンロードする場合はそれほど問題ないかもしれませんが、アップロードなど「上りの通信」でかなりのストレスを感じるはずだという事です。

 

また同軸ケーブルは、ノイズの影響で通信が不安定になる場合がありますが、光回線は光ファイバー(ガラス)を利用しているため、ノイズの影響を全く受けません。

 

このような事がネット副業で使うインターネット回線にCATVがお勧め出来ない理由です。恐らく通常のネットの作業でも一度光回線を使うとCATV回線に戻れなくなるはずです。

 

環境別お勧めの光回線

光コラボレーション

戸建て月額料金ランキング

※ 詳しくはリンク先サイトをご確認下さい。

nifty光
月額費用(3年プラン)
  • 月額料金・・・4,510円
  • auセット割適用で最大1,200円割引
  • 初期費用合計・・・20,000円
  • 新規お申し込みで最大20,000円キャッシュバック

    新規申し込み・・・20,000円
    ・転用申し込み・・・10,000円

月額料金

割り引き期間中の

月額基本料金

割り引き期間終了後の

月額基本料金

開通月:0円

開通翌月より36ヵ月間:4,510円

転用(フレッツ光を利用中):4,980円

 

5,200円

@nifty光 × auセット割
利用期間

2ヵ月目〜37ヵ月目

38ヵ月目以降(標準料金)

月額利用料

3,310円

転用(フレッツ光を利用中)

3,780円

 

4,000円

工事費
工事費 回線契約料 初期費用合計(税抜)

【代表的な工事の場合】

600円×30回払い

(総額 18,000円)

 

2,000円

 

20,000円

 

当サイトからのお申し込みで、キャッシュバックの申請方法がシンプルになります。リンク先の「Webからのお申し込み」から申請すると担当オペレーターから確認の電話があり、指定の口座番号を伝えるだけで申請が完了します。キャッシュバック申請のための登録や、アンケートに回答するといった面倒なやり取りが一切ありません。

 


ビッグローブ光
月額費用(3年プラン)
  • 月額料金・・・4,980円
  • 3年プランで工事費が実質0円
  • 引越し等移転時の工事費が0円
  • 新規お申し込みで最大10,000円キャッシュバック
月額料金・工事費
月額料金 工事費

 

4,980円

30,000円

→ 月額料金値引き特典適用により

0

 

工事費が0円、キャッシュバックなどの特典は当サイトリンク限定です。フレッツ光を未契約の方、または既にフレッツ光をご利用中の方で、 BIGLOBE以外のプロバイダをご利用中の方に適用されます。下記バナー「簡単ネットでお申し込み」からお手続き下さい。

 


ソフトバンク光
月額費用(2年プラン)
  • 月額料金・・・5,200円
  • フレッツ光から転用の方なら工事不要・解約金不要

    ※ 契約事務手数料3,000円

  • SoftBankの携帯電話利用で、携帯代毎月最大1,000円割引
  • キャッシュバック

    新規お申し込み・・・32,000円
    ・転用お申し込み・・・13,000円

月額料金・工事費
月額料金 工事費

 

5,200円

フレッツ光ネクスト利用中・工事不要
ネットに新規接続の方・・2,000円〜
フレッツ光から転用の方・・2,000円〜

 

SoftBankの携帯電話を使っている場合に自宅のインターネットをSoftBank光に切り替えると携帯代が一生割引になるサービスや、他にも新生活応援!キャッシュバック・あんしん乗り換えキャンペーンなど、契約条件によっつては最大10万円のサービスを受ける事が出来ます。詳しくは下記リンクバナーからの取り扱いサイトでご確認下さい。

 


 

集合住宅月額料金ランキング

※ 詳しくはリンク先サイトをご確認下さい。

@nifty光
月額費用(2年プラン)
  • 月額料金・・・3,490円
  • auセット割適用で最大1,200円割引
  • 初期費用合計・・・20,000円
  • 新規お申し込みで最大20,000円キャッシュバック

    新規申し込み・・・20,000円
    ・転用申し込み・・・10,000円

月額料金

割り引き期間中の

月額基本料金

割り引き期間終了後の

月額基本料金

開通月:0円

開通翌月より24ヵ月間:3,490円

 

3,980円

@nifty光 × auセット割
利用期間

1〜2年目 月額利用料

2年目以降 月額利用料

月額利用料

2,200円

2,780円

工事費
工事費 回線契約料 初期費用合計(税抜)

【代表的な工事の場合】

500円×30回払い

(工事費総額 15,000円)

 

2,000円

 

17,000円

 

auセット割で500円から最大1,200円の割引されますが、この割引は携帯電話の新規契約というわけではなく、現状でauスマホを利用していれば適用になります。実際の割引サービスはauの利用料金ではなく光回線の料金から差し引かれます。

 


OCN光
月額費用(2年自動更新型割引)
  • 月額料金・・・3,600円
  • 初期費用事務手数料・・・3,000円
  • 新規お申し込みで最大21,000円キャッシュバック

    新規OCN光新設+おまかせマルチパック・・21,000円
    OCN光他社転用+おまかせマルチパック・・・8,000円
    OCN光新設契約・・・・15,000円
    OCN光他社転用契約・・15,000円

月額料金

月額費用

2年自動更新型割引

 

3,600円

新設工事費

屋内配線を新設

派遣(屋内/屋外)

15,000円(税抜)

[初回3,000円]+[2回目以降:400円×30回]

屋内配線を新設不要

派遣(屋内のみ)

7,600円(税抜)

[初回1,600円]+[2回目以降:200円×30回]

無派遣

2,000円(税抜)

 

フレッツ光回線から乗り換える場合、解約違約金/工事費が無料!光回線自体がNTTなのでインターネットの接続速度や品質はそのままで、より低価格にてインターネットを利用できます。当サイト限定で最大47,000円の特典付き!

 


ソフトバンク光
月額費用(2年プラン)
  • 月額料金・・・3,800円
  • フレッツ光から転用の方なら工事不要・解約金不要

    ※ 契約事務手数料3,000円

  • SoftBankの携帯電話利用で、携帯代毎月最大1,000円割引
  • キャッシュバック

    新規お申し込み・・・32,000円
    ・転用お申し込み・・・13,000円

月額料金・工事費
月額料金 工事費

 

3,800円

フレッツ光ネクスト利用中・工事不要
ネットに新規接続の方・・2,000円〜
フレッツ光から転用の方・・2,000円〜

 

SoftBankの携帯電話を使っている場合に自宅のインターネットをSoftBank光に切り替えると携帯代が一生割引になるサービスや、他にも新生活応援!キャッシュバック・あんしん乗り換えキャンペーンなど、契約条件によっつては最大10万円のサービスを受ける事が出来ます。詳しくは下記リンクバナーからの取り扱いサイトでご確認下さい。

 


KDDI auひかり

 

 

 

 

 

 

NURO光

 

 

 

 

 

 

NURO光の提供エリア
回線ーFTTH

 

関東エリア
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県

 

関西エリア
大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、滋賀県

 

東海エリア
三重県、愛知県、岐阜県、静岡県

 

 

 

 


 

電力会社系光回線

 

 

 

光回線工事ができない場合のWi-Fi対策!WiMAX

 

WiMAXは、au系列が提供しているモバイルWi-Fi

 

 

SoftBank光利用中の方
ポケットWiFi
・WiMAXの電波が届かない地域での利用

 

現在お使いのスマホがauスマホ/auケータイ利用中の方
WiMAX
・サクサク通信を楽しみたい方
・月に7GB以上の通信をされたい方
・WIMAXの電波は外だけで使うにはいいのですが屋内では電波が届きにくいです。

 

現在お使いのスマホがソフトバンク/ワイモバイルの方
ソフトバンクAir
別名「置くだけインターネット」と呼ばれる超お手軽ネット回線です。
もちろん通信量に制限はなく「使い放題」

 

外でも家でも両方使いたいひとはスマホの電波と同じ
LTEのモバイルルーター

 

WiMAXはUQコミュニケーションズ社の「UQ WiMAX」というモバイルWi-Fiルーター
440Mbpsにも対応・・・エリアは東名阪の一部

 

ポケットWiFiはワイモバイル社が提供しているモバイルWi-Fiルーター

 

UQコミュニケーションズ社・・・WiMAXやWiMAX2の回線を管理
UQコミュニケーションズ(UQ WiMAX)と契約をすれば別途プロバイダ契約を他社と結ばずに、
WiMAXを利用する事ができます。

 

実際にはほとんどの方が、So-netやBIGLOBEなどのプロバイダを利用してWiMAXを申し込んでいます。早い話がUQ WiMAXから申し込むより、キャッシュバックや月額の割引、端末料金が無料になるなど、キャンペーン特典が手厚く、利用料金が安く済むためです

 

WiMAXはどのプロバイダを利用しても、UQ WiMAXが管理しているWiMAX回線を使う

 

プロバイダ契約をした方が有利な理由
1、利用料金が安くなる
2、メールアドレスが発行される
3、申込み・解約手続きはプロバイダ1社のみの手続きでOK

 

プロバイダ
UQ WiMAX
Broad WiMAX
So-net
BIGLOBE
@nifty

 

WiMAXの場合、プロバイダ契約をするデメリットがほとんどなく、またプロバイダ料金を含めてもUQ WiMAXの4,380円より月額が安くなります。ですので、キャンペーンの活用で利用料金を落とせるプロバイダを活用しないともったいないと言うのが現状です。

 

速度に関してはどのプロバイダも同じUQ WiMAXの回線を使うため差は出ないのが建前なのですが、プロバイダによってたくさんのユーザーが一度にWiMAXに接続した時の処理能力に差があります。

 

ですので、キャンペーン特典も大事ですがプロバイダとしての実績が長い大手を選ぶと言う視点も一つの判断材料に私はしています。

TOPへ